プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業料?いくら?どこ?
19日、20日のセンター試験も終わり今年の大学受験シーズンもたけなわになってきました。

18歳人口の減少に伴い、試験の倍率は、3倍と過去最低らしいのですが、有名大学への関門が広くなったわけではありません。

その証拠に、定員割れする大学がある一方で、有名大学には多くの受験生が集まる。新聞などによれば、早稲田大学あたりは、受験生10万人を超えるそうです。

その結果、受験料収入も多く、総収入の5%は受験料だということです。
大学経営の面からみても、有名大学は有利、しかもその傾向はますます強くなっているようです。

大学の世界も格差社会になっているようです。

読売新聞によるとその境目が、いわゆる「ニットウコマセン」(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)とのことです。
そして、その下(あくまで偏差値であって学校の内容ではありませんよ)に位置するのが、D大学とかA大学、K大学だそうです。ちなみにK大学の一般入試の志願者数は、1992年に45,000人いたのが、2007年には、9,500人にまで減少したそうです。

私世代の感覚で言うと、ニットウコマセンと呼ばれる大学は、まぁ、すごい大学って感じではないのですが、とりあえず名前も全国区ですし、就職のときも、多くの会社に先輩がいて、なんとなくそれなりに有利な印象があり、悪くない感じを持っています。
自分の子供が入っていても、まぁそんなものかなと許せる感じがします。

でも、授業料が、いくらくらいかかるかウェブサイトで見てみようとしても、専修大学は、どのページにあるのかよくわからない。これはよくないですね。
慶応大学とか早稲田は見つけやすかった。
なぜでしょうね?
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
[2008/01/31 02:29] URL | みんな の プロフィール #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/93-1ddd1b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。