プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの学習費調査 平成18年度
平成18年度の「子どもの学習費調査」が発表されたようです。

朝日の記事から少々引用させていただきます。
元の記事は、こちらをどうぞ。
データ自体は、文部科学省のものですので、引用しても問題はないでしょう。

それによりますと、
「1人の子どもが幼稚園から高校まですべて私立に通った場合に家庭が負担する費用は約1678万円で、すべて公立の場合の約571万円の3倍近くになる」

「今回初めて、私立小でかかる費用と世帯の年収も尋ねた。(1)授業料や入学金、学用品などの学校教育費(2)学校での給食費(3)学習塾や参考書など学校外活動費の3分野の負担額について、06年度に全国約2万8000人の子どもの所属する学校と保護者に答えてもらった。

 (1)~(3)の合計は【幼稚園児】公立73万円、私立161万円【小学生】公立200万円、私立824万円【中学生】公立141万円、私立380万円【高校生】公立156万円、私立313万円。私立小に通うと公立の4倍以上の負担になり、最も格差が小さい高校でも2倍の差があった。


いままでのこの調査では、私立小学校のデータはとられてなく、私などは推測して、だいたい500万ちょいくらいかなと思っていたのですが、800万を超える金額だったようです。

朝日の記事では、地域によって教育にかかる費用が違ってくるとありますが、自治体によって子育てへの援助の金額が違ってくるのは事実。大都市は教育費が高いとありますが、子育てへの援助などを考えると、親が使うお金はどっちが多いのでしょうか。
特に、この調査は、高校生までですが、大学に入り、地方から都会へ出てきている家庭の仕送りなどを考えると、地方と都会とで、どっちが教育にお金がかかるかなんとも言えない。

それと、家庭の収入も調べているようですが、収入による教育格差が表れているのでしょうか?


スポンサーサイト

テーマ:教育費・授業料 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/92-25ba30ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。