プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル係数
野村がこんな調査までやっているとは知りませんでした。

家計と子育て費用(エンジェル係数)調査

この調査は、首都圏と京阪神で高校生以下の子供がいる世帯を対象として行われたものです。

最近今年の調査結果が公表されたのですが、子供にかけるお金は、家計支出に対して、26.2%、1か月あたりの金額は、¥72,000。

これが、エンジェル係数つまり家計支出における子育て費用の割合となります。

そのうち教育費の割合がどのくらいかというと、平均で、38.7%となり、金額で2.8万円となります。特に首都圏では、エンジェル係数のうちの教育費の割合は40%にも昇ります。

年収別にみると、低年収でエンジェル係数が低く、高年収層では高くなり、教育費に関しても同じ相関が見られます。

また、高年収層で「学校以外の教育費」が増加、これは、塾などに通うことが多いからでしょうか。さらに、700万円以上の層で子育て費用がかなり増えている。

この調査でも平均だけ見ると子育ての費用は下がっているのですが、収入が多い層と低い層とでは、今現在子供にかけているお金が違っていて、特に教育費を見ると、高収入の層では、さらに費用をかけ、低収入ではかけない。

中高一貫校、そしてそれに入るためのお受験ブームがあるから、家庭が教育にお金をかけていないわけではないと思われるのですが、平均で下がっているということは、やはり、子どもにお金をかける、かけられるて子供によりよい教育を授けられる家庭とそうでない家庭との格差がひらいている。

ようにおもえますけど。



スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/91-4cc83ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。