プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OECDの学習到達度調査(PISA)2006
経済協力開発機構(OECD)が2006年、世界の15歳を対象に実施した国際学習到達度調査(略称PISA)の結果が発表され、日本の15歳の学力低下が一層進んでいることは、5日の新聞などでもご存じと思います。

そのリアクションは早速文部科学省が5日、改定作業を進めている次期学習指導要領について、理科と、算数・数学の内容の一部を前倒しして、2009年度から実施する方針を固めたことにも表れています。

5日の読売の記事にあったのですが、PISAってのは
子供が「自分で問題を見つけて解決できる力」 を試すのが目的とのこと。

それと、やはり5日のラジオで聞いたのですが、韓国、この国は、PISAの結果もいい、では、まず、読書だそうです。
先日、東洋経済だかダイヤモンドだかで読んだのですが、算数でしくじる子供は文章の読解力がない。

教育というと、どうしても学校の存在が大きくクローズアップされますが、はたしてそれだけでしょうか。社会全体、つまり大人も子供含めた世の中全体の在り方は問題ではないのでしょうか?

この国の読書量が落ちていることは、たぶん事実でしょう。
そして、教育=学校なら、知識偏重で、自分がいるこの社会とのかかわりは成績とは関係ないから知らなくてもかまわないという無関心。

OECD、PISAのデータは結果です。結果でしかありません。
そうした結果になった原因はプロセスがおかしいからではないからではないでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/90-b1009df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。