プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習指導要領改定
一昨日は守屋さん、昨日は福田さんと小沢さんの秘密会談。

毎日が、大きなニュースの連続で、その内容をまとめて読もうと新聞を溜め込んでいるのですが、日曜日には決まって雑用。いい加減新聞もたまりすぎると読むのが億劫になってしまい、結局新聞回収日にまとめて出してしまう。ろくに読まずに。

大きな、しかも、TVのニュースのトップに紹介される話ですら、忘れ去られるのですから、中央教育審議会が、約30年ぶりに授業時間を増やすことで話をまとめたことなど、最初から人々の目に留まっていないのでしょう。

それにしてもこの国の教育ってどうしてここまでおかしくなってしまったんでしょう。

あまり大上段に振りかぶってもしようがないので、話を昔話にもっていきます。

ダメ教師。

私が義務教育を受けていた頃ってのは、1960年~70年代にかけてで、よく考えてみるまでも無く、その当時の中高年の教師って、戦争を知っている時代の人たちでした。
1945年に20歳でしたら、1965年には、45歳。

戦争を知っているオヤジ連中なんてそのころごろごろいましたから、あまり気にしていなかったのですが、当時現役でバリバリの教師って、うっかりすると、軍隊の生き残りだったのかもしれません。

今でもかすかに記憶しているのですが、小学校の算数の教師にハゲでいつもおちゃらけばかり言っていた教師がいました。ただ、教え方はうまくて、少なくとも高校のとき理科系、学年、最低点の私でも、小学校の時は算数が好きだった。

あるとき、原因は覚えていないのですが、私たち生徒がなにか決め事を破ったときがあった。その決め事ってのが、多分、その教師と私たちとの信頼関係に基づくものだった。

普段、温厚だったその教師が、そのときだけは烈火のごとく怒り、私たちを並べてビンタをはった。

はっきりとではないのですが、そのときのその教師の目は、鬼のようで、未だに、私の記憶の奥に残っている。
それが単に怒りの感情の発露に過ぎないのでしたら、私も忘れていたのでしょうが、悲しみの混じった怒りだということが、幼い私たちにも伝わった。だから、今、当時のその教師より年長だろう年齢になっても覚えている。

その教師のビンタは、私たちの頬を打ったのではなく、心を打ったのでした。

今でも、そのことを思い出すたび、感じるのは、人間としてある以上なにか守らねばならないことがあり、それは、信頼関係に基づき、それを破ると、やりきれない悲しみをもたらし、それは、人として決してやってはならないことなのだということです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/84-37df52de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。