FC2ブログ
プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育予算 教育格差
OECD諸国の中でも、日本の教育費が低いことは、有名です。

今、TVや新聞のニュースをにぎわしている、福田さんと麻生さんとの自民党総裁選挙でも、教育の問題は、あまり目立った争点になっていないようです。

私立の中高一貫校に対抗して、公立の中高一貫校がある意味脚光を浴びていますが、そのうち義務教育である中学校の授業料はタダです。

でも、実際に義務教育を運営していくお金は、各自治体によってかなり違っているようです。



今月のプレジデントファミリーの新聞広告に
『公立中学生1人あたりの学校運営費「港区117万円」「横浜市7.5万円」。その差、なんと16倍』
という記事があり、その特集のタイトルが
『検証 教育格差 自治体の教育予算で見る!』。

お金がすべてではないというかもしれませんが、教育に予算を配分しなくては、図書館の本の収集すらままならぬ現実があります。その教育予算の額は自治体によって相当異なっています。

わが子を地元の中学校に行かせるか、それとも、私立に行かせるか、その判断にもなるデータです。


スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/72-be0d4bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。