FC2ブログ
プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親力
図書館にCDを借りに行ったら、「父親力検定―子どもと妻が本当に考えていることを知る方法」などという本がおいてあるのが目に付き、借りてきてしまいました。

くだらないですね。どうでも良いじゃないか。

と、思いつつ、入門テストをしっかりやり、その結果を見て、まんざらでもないな・・・
などと、妙に安心している私です。

このFC2のブログの教育のカテゴリーでも、母親日記はあっても父親日記は無い。
それは、多分、父親の場合、もうちっと具体的なカテゴリーを選択するからかも知れないのですが、子育てって、人間の全人格を肯定するプロセスですので、アバウトなカテゴリーかもしれないのですが、母親日記って項目の方が、子どもを受け入れるスタンスとしては、ましな感じがします。

私は子どもが中学受験するとき、学校訪問に付き合いました。
女房と子どもと私、家族そろっていくつかの学校を訪問しました。

これだけ書くと、教育熱心で、受験に前向きな父親という印象をもたれるかもしれませんが、実は、子どもが学校を選択するとき私は、失業中でした。単に、金のかからないレクリエーション程度の感覚で学校訪問をやっただけです。

子どもは、いくつか学校を訪問して、どこへ行きたいとかどこはいやだとか言いましたが、それは、女房に対してでした。

でも、言葉で言ったのは、女房に対してでも、子どもが絶対にここ。
と、決めた学校は、私には、わかっていました。

言った後、顔が輝いていた。



スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/71-b5a77044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。