FC2ブログ
プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の教育費 外国と比べて
教育の話というと、どうしてもいじめとか、教員の質とかに話題が向き勝ちですが、その話をする前に、学校に入れなくてはならない。
成績が大事な事は言うまでも無いのですが、それと同時にお金の問題も無視できない。

日本の教育費は、ともかくも高い。
そして、高いからうえの学校に進めないという情況がある。

存在は本質に優先するなんて哲学の命題がありますが、同じ意味の別の表現といってもいいと思うのですが、日本では、土俵に乗るという表現がある。いくら成績が良い子供でも親が貧乏なら、上の学校に進めない。

このことは、何度でも繰り返すつもりですが、成績だけでなく学校の授業料を安くして、お金の面で、入りやすい状況を作らなくては、教育の質などを問題にすること自体、特権層だけの話題でしかない。

この教育費が高いということに関しては、国が教育へお金を使わないことも原因のひとつです。先日の参議院議員選挙でも教育費の問題をマニフェストに取り上げた政党もありましたが、政府の教育再生会議でも議論になっていることはなっている。

特に、第8回学校再生分科会「教育財政」関連資料第10回学校再生分科会「教育財政」関連資料などには、諸外国と比較した教育への公財政支出が載っていて、いかに日本が教育にお金をかけていない、つまり、国民に教育のお金を負担させているかが良くわかる。

この結果、公立の学校がだめになり、私立の中高一貫校が伸びるという現状ができたのでしょう。

最近、公立の中高一貫校が注目を浴びていますが、こうした、公立の中高一貫校、お金、配分される予算の面では、どうも優遇されているらしい。

公立の場合、確かに授業料は安く設定できるのでしょうが、そうした公立中高一貫校に入れる家庭は、成績アップのための塾費用も捻出しやすい経済状況でしょう。

社会にでるずっと前の中学生の時代に、将来、良い環境で勉強ができ、その結果良い大学に入れ、大企業に入れる道筋を作れる。つまりは、格差社会で上の方のカーストに入れる。

教育の中身以前に、教育を受けられる環境にあるのかどうか、あるいは、充分な教育を受ける環境を、税金で作ってくれる政府や役所であるのかどうか、こちらを議論するほうが先じゃないでしょうか?




スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/54-58761dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参議院議員選挙

参議院議員選挙での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
[2007/08/25 10:40] 一語で検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。