FC2ブログ
プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験で子供と遊ぼう 増補版
社会保険庁のえぇ加減ナ年金管理が、やっと、このところ問題になり、世論調査などでも、今度の参議院選挙の争点は、年金がダントツ、格差とか教育ってことももう少し関心をキープしてくれてもいいと思うのですが。

それとは、ぜんぜん関係ないのですが、日曜日のニュースで語られていたことは、パリス・ヒルトンの再収監。この人は、格差なんて関係ないですね。セレブですから。YouTubeのこのビデオはすごく良いですよ。
PARIS HILTON GOES BACK TO JAIL! ...

セレブといえば、折口さん。この方も、多分後世の人からは、介護保険の実態をあらわにしたということで、高い評価を得ること間違いなし。
年金であまりにもいい加減なところをさらけ出した厚生労働省がスケープゴートとして選んだのが、バブルの功労者、ジュリアナをプロデュースした、ウルウル眼の経営者。

土日休んで、本を一冊、ニューギニアの戦争の本を読み、ベランダのワイルドストロベリーを摘み、図書館で、マイルスとヴァン・ヘイレンを借りてきて、TVのニュースを見ていれば時間は、自動的に月曜日になってしまうのですが、小学生でも、受験を少しでも視野に入れ、秋になる前には、受験する学校を決めなくてはと思っている人たちには、過ぎ去るひと時ひと時が積み重ねのレンガみたいに思えて、重いものかもしれません。



さて、今、わが家は、毎日新聞を取っているのですが、その日曜日の紙面に、「子供公費負担:誕生から高校卒業1600万円 総務省試算」という記事がありました。
子どもの誕生から、高校の卒業までの公費負担が1,600万円に上るという記事です。これは、内閣府が2002年度に実施した「社会全体の子育て費用に関する調査研究」に基づいて試算したものらしい。これは、内閣府の「少子化社会対策に関する調査等」というところにあるデータが元らしいのですが、これについては、もう少しデータを見て後日。

1,600万というとものすごい金額なのですが、これは、当然、税金から出ている。つまりは、わたしたち自身のお金です。ほかの国とか、昔の日本とか、公立と私立との配分とか、細かい数字はわからないのですが、国民、つまりわたしたちが本当に年金の将来とか、介護の将来のこととか、少子化により国力が衰えることを心配しているなら、多分、少ない金額ではないかと思います。

この国は、もともと資源にも乏しく、食料の自給率、これも資源のひとつですが、これにも乏しい。つまりは、貧乏家庭なのです。それを今まで、戦後の今までですが、工業の発展で補ってきた。しかも、独創的なアイデアではなく、応用力で補ってきた。

でも、最近のオイル価格の上昇やインドや中国の台頭で、このアバウトな工業力や資源がもともと無いことが通用しない時代が再来してきている。戦後直後の荒廃を念頭に再来としているのですが。

こうした、世界の中のこの国の情況変化。これにどう対応するか。
また、戦争?
できないでしょう。

ん、じゃどうするか。
ご近所、いや、遠方にもお付き合いできる人を作ってお互いうまくやるしかない。
それに必要なのは?

しっかりとした教育を受けた人材でしょう。

(6/11)
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/28-03435b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。