FC2ブログ
プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育関連3法案
教育関連3法案が5月18日の衆議院本会議で可決されました。

今やっている国会って、これ、相当重要な法案が審議されていて、個人的には、労働関係の法案の行方などにも、関心があり、機会をみてそちら関係のことも書きたいと思っています。

などと、政治とか国会とかについて知ったかぶりをしていますが、その3法案って、何でしたっけ。
新聞で確認しながら書いているのですが、
「学校教育法」
「地方教育行政法」
「教員免許法」
の3法案です。

「学校教育基本法」の改正案で”愛国心”を盛り込むことなど、どこかで聞いたことはあるのですが、深くはいまいちで、この、教育関係の深いところは、そのうち・・・

でも、浅いところ、というより、何事も土俵に乗らなければ話にならない。教育に関して言えば、学校に入らなくてはならない。
それが、義務教育なら、それほど学費、授業料はかかりません。
しかし、高校以上の学校では、学費のことが家計を圧迫することが結構ある。
義務教育でも、中高一貫校に子どもを入れようとすれば、負担はかなり大きくなる。

家庭がこれに耐えられるかどうかで、その後の子どもの教育格差を免れるかどうかが決まる。

教育を受けるためのお金があるかどうか、なければ、ないままで済ますのか、それとも歯を食いしばってでも親子でどうにかするのか。

サイトを新たに作るのは、自分が切羽詰ったとき作った、
平日夜間・土曜日営業のハローワークなど
以来ですが、今回も切羽詰って。

個人的にもいざとなったとき、こうしたサイトって、なかった。

教育費を何とか捻出しなくなったオヤジの体験的サイトです。

(5/21)
スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://slawraing.blog48.fc2.com/tb.php/15-507c3dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。