プロフィール

スローレイン

Author:スローレイン
私立の中高一貫校から首都圏の私立大学に現役合格した子どもを持つオヤジです
子どもへの愛情だけはたっぷりあるのですが、お金の方はちょっと心もとない

教育費、教育ローン、奨学金

教育費、教育ローン、奨学金

塾代、受験料、入学金、授業料
教育費のやりくり、あれこれ

もっと知りたい学費や受験

予備校ならこちらから

中学受験もOK

比較.com家庭教師資料一括請求

辞書・辞典 これがなくては







携帯しやすい電子辞書

「食育」 教育の基礎

最近のコメント

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

受験と勉強 ブックス

AmazonStore
by amanatu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミネルヴァのつぶやき
”教育費、教育ローン、奨学金” 大学へ行きたい。中高一貫校へ子供を進ませたい。 レベルの高い教育を受けるには、まず成績、同時に、お金です。 現実的なことから教育を考えていきましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無償化で高校生の学習費過去最低に
文部科学省に「子どもの学習費調査」という統計があります。

この統計の新しいものが公開され(2012年2月10日)、結果にいわく、高校生の保護者の支出した学習費は過去最低。なにせ、2008年の調査で、11万以上かかっていた授業料がゼロになったのですから、そりゃ安くなる。

その浮いたお金を学校外学習費に回したかというと、どうもそうではないみたいで、学校外学習費も減っている。

新聞などには、いろいろと仮説が述べられていますが、家庭が教育にお金をかけるやり方が広く薄くなっている感じがします。

今の時代、大学進学率は50%を超え、どちらの家庭でも、一応は最高学府にお子さんを行かせるのでしょうが、それ以前の初等、中等教育の時点での教育費支出を控え、最後の高等教育の大学、そこまでつなげる。つまり、基礎を作らずに、砂上の楼閣の学歴だけを身につける。

今まで、家庭の経済格差が結果として教育格差を生むのだと思っていましたが、そうじゃなくて、家庭の戦略ミスが、低学力の大学生を生み、使えない学生となり就活で本人が苦労する、あるいは挫折する。


スポンサーサイト

テーマ:教育費・授業料 - ジャンル:学校・教育



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。